スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
鯣烏賊(するめいか)

するめいか


「へぇー」と思ったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking



こちらもクリックお願いします!
 人気ブログランキングへ



鯣烏賊(するめいか)


【語源】
墨を吐く群れを意味する「スミムレ」からスルメに転じたと言う説とスルメ(干しイカ)の多くがこの種のイカで作られた為ともいわれています。


【旬】
初夏?夏と秋?冬の2回に分けられるが1年を通して流通している。


【うんちく】
『スルメイカ』の寿命は1年で、日本近海のものは北海道から九州まで広く生息し、冬生まれ群、秋生まれ群、夏生まれ群の3つのグループに分けることができます。

冬生まれ群は12月?3月に東シナ海から九州沿岸で生まれ、太平洋沿岸と日本海沿岸にわかれて北海道まで北上回遊します。(5?8月に北海道に到達する)秋生まれ群は9?11月に九州西方で生まれ、対馬海流にのって日本海を北上し、7月頃に日本海全域に広がります。夏生まれ群は各地沿岸で生まれ、大きな回遊を行いません。尚、この夏生まれ群は小型で「夏イカは柔らかい」と言われるのはこの為であると思われます。

古くからお祝い事にスルメを贈る習慣がありますが、これはイカが足が多いことに由来しています。「おあし」が多い。 「おあし」とはお金の事。また、イカの足を「ゲソ」と呼びますが、これは下足を略したもの(履物を整理するのに10足ずつまとめたから)。スルメを「あたりめ」と呼ぶのは、スルメの「する」がばくちの「擦る(する)」に通じるため。


【ブランド・産地】
日本各地で漁獲されていますが、関東で多く流通しているのは北海道産、青森産、山陰産です。ブランド化はほぼされていませんが、島根県美穂関町でスルメイカを冷海水で仮死状態にし、活魚で出荷する事でブランド化しようという試みもあるとか・・。


【産地ならではの漁師料理】
北海道では、スルメイカの肝の事を「ごろ」と言います。北海道漁師料理の「ごろ煮」を紹介します。「ごろ」(肝)をしぼり出し酒と味噌を混ぜ合わせ火にかけます。煮立ってきたら、適当な大きさに切った身やゲソをしゃぶしゃぶ風に煮ながら食べる・・。お酒がすすんでしょうがない。漁師料理は簡単で美味い、これが常識!!


【栄養と効果】
以前はコレステロールが多く高脂血症の人はひかえるべきとされていましたが、豊富に含まれるタウリンが血液中のコレステロールを下げたり、血圧を正常に保つ働きがある事が近年分かりました。むしろ、スルメイカは適度に食べた方が良いと言われています。



予告

次号は、しゃこです。お楽しみに!!




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】わくわく!



マグロ君もびっくり!本物がそろってます。わくわく!

スポンサーサイト
【2008/05/12 12:00 】 | 春に美味しい魚 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<しゃこ【語源・旬】 | ホーム | するめいか【栄養・健康】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yoshikawasuisan.blog66.fc2.com/tb.php/331-10033c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。