スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
あさり【砂抜きのこつ・栄養・健康】

ボンゴレビアンコ


「へぇー」と思ったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking



こちらもクリックお願いします!
 人気ブログランキングへ



浅利(あさり)


【アサリの砂抜きのコツ】
浅利はしっかり砂抜きをしないと、美味しくいただけません。コツは適量の塩を使う事。浅利は塩分の少ない水に住むので、これと同じ環境を作ってやるのがポイントです。塩分濃度は2?3%がベスト。この時使う水はできればカルキ抜きをしておいた方が良いでしょう。塩水の量は浅利がヒタヒタにつかる位が良いです。量が多すぎるのは良くありません。せっかく吐いた砂をまた吸い込んでしまうからです。そして、常温の暗い所に置きます。冷蔵庫には入れないで下さい。温度が低すぎると砂を吐きません。迷信とも言われていますが、水の中に釘などの鉄分を入れると、よく砂を吐くとか、水にアルカリイオン水を使うと効果大という話も・・。参考までに、砂抜きの時間は1時間から一晩と大きな差が出ますが、活きが良い浅利ほど短時間で済みます。

【栄養と効果・健康】
意外にも、貝類の中では栄養価が低いのです。但し、旨み成分のコハク酸・グリコーゲンが豊富。これが美味さの秘密。たんぱく質は少なめですが、タウリンを多く含んでいます。これは血中のコレステロールを下げ、血液を固まりにくくするので動脈硬化の予防食と言えます。また、肝臓の解毒作用を助けますので酒呑みにはベスト。ミネラルでは、カルシウム・マグネシウムを豊富に含んでおり、心臓病の予防にもなります。ビタミンではB12を多く含み、貧血予防に効果があります。




予告

次号は、あさりのおさらいです。お楽しみに!!




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】わくわく!



マグロ君もびっくり!本物がそろってます。わくわく!

スポンサーサイト
【2008/03/31 12:00 】 | お魚パーツ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<浅利(あさり) | ホーム | あさり【ブランド・産地・漁師料理】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yoshikawasuisan.blog66.fc2.com/tb.php/320-eae4e595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。