スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
眼張(めばる)

えぞ目張


「へぇー」と思ったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking



こちらもクリックお願いします!
 人気ブログランキングへ



目張(めばる)


【語源】
メバルは大きな目が張り出している事からこの名がつきました。

【旬】
文句なく春です。早春の船釣りはメバルから始まるため、「春告魚」とも呼ばれています。風が強く海が荒れている時にはメバルがつれない事から、メバルが釣れるような春の凪(なぎ)を「めばる凪(なぎ)」と釣り人は呼ぶそうです。ちなみに、メバルだけではなく、鰊(ニシン)も「春告魚」と呼ばれています。

【うんちく】
メバルは、メバル(黒めばる)、ウスメバル、ヤナギメバル、トゴットメバル、キツネメバル、タケノコメバル、エゾメバルなど種類が多い魚です。しかし、味が良く、主に市場に流通しているのは「黒めばる」と「ウスメバル」です。黒めばるは超高級魚として扱われ、一般に食卓にあがるのは主にうすめばるの方です。しかし、ウスメバルも大衆魚とは言いがたく、高級魚の部類に入ると言えます。

代表的な食べ方は煮付け。この時季旬の筍(たけのこ)と一緒に煮る事が多いため、市場では「タケノコ」と言う通称を持ちます。市場にも食卓にも春を告げる代表的な魚種です。

余談ですが、エゾメバルと言うのはガヤガヤとうるさいほど磯を泳ぎまわっている事から北海道では「ガヤ」とも呼ばれています。マグロ君が一昨年、10月頃に北海道に行く機会があり、羅臼漁港の堤防から、ルアーを投げてみたそうです。巻きもどすと必ず釣れる。入れ食い状態。2時間程度で100匹近くの釣果とか。

メバルは魚には珍しい卵胎生です。秋から冬にかけて交尾し、雌の体内で孵化します。ぜんちょう5?の稚魚に成長したところで体内から生まれ出ます。

【ブランド・産地】
メバルのブランドは今のところ見当たりません。関東で多く流通しているウスメバルの多くは青森産が主のようです。

【産地ならではの漁師料理】
もちろん煮つけがおすすめ。初春に筍、ワカメと一緒に煮る煮つけは、春の到来を感じる事ができ、美味。しかし今回は、瀬戸内の漁師料理「めばる酒」を紹介します。小さめのメバルが取れると漁師さんはこの「めばる酒」を堪能します。作り方は簡単。メバルのウロコ、エラ、内蔵を取り除き、素焼きにします。そこに熱燗(あつかん)をそそぐだけ。コツは鮮度が良く、小さめのメバルを使い、良く焼く事。魚の風味が鼻からぬけ「旨い」の一言。呑みすぎ注意です。

【栄養と効果・健康】
低脂肪・低エネルギーの典型的白身魚。骨ごと食べない魚の中ではカルシウムの含有率はトップクラス。その他ミネラルで突出した物はないが、バランスよく含んでいる。



予告

次号は、あさりです。お楽しみに!!




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】わくわく!



マグロ君もびっくり!本物がそろってます。わくわく!

スポンサーサイト
【2008/03/21 12:00 】 | 春に美味しい魚 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<あさり【語源・旬】 | ホーム | めばる【ブランド・産地・栄養・健康】>>
コメント
マグロさん、おはようです。
あさり、時々買ってきてはいろんなものに変身。チャウダー、酒蒸しなどいろいろです。娘が小さいのでチャウダーが多いです。
【2008/04/01 07:36】 | URL | さと #o.trGIrQ[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yoshikawasuisan.blog66.fc2.com/tb.php/316-52af66ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。