スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
はまぐり【産地・漁師料理・栄養】

焼きはまぐり


「へぇー」と思ったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking



こちらもクリックお願いします!
 人気ブログランキングへ



蛤(はまぐり)


【ブランド・産地】
ハマグリのブランドで有名なのは三重県「桑名のはまぐり」。漁獲量の多い産地は、茨城県。過半数に近いシェアを持っています。次いで、千葉、熊本、大分の順。これらのハマグリはいづれも、朝鮮蛤(チョウセンハマグリ)です。日本一の産地である茨城県の鹿島灘では、この「ひびき」を嫌い、「汀線蛤(チョウセンハマグリ)」の字を当てて、ブランド化を目指した時期もあったとか・・・・。しかし、標準名に誤解が生じる恐れがあるとし、「鹿島灘蛤(かしまなだはまぐり)」という名前でブランド化を目指している様です。

【産地ならではの漁師料理】
ハマグリは煮ても焼いても、お鍋、バター焼、酒蒸しなどなど・・どんな料理にでも使える食材です。漁師さんに伺ったところ、「ハマグリは身より、むしろ殻に残る体液が美味いんじゃ。だから殻ごと調理する料理が最高!やっぱり、殻ごと火にかける焼ハマグリと吸い物かな」・・・と。鮮度の良いものは刺身でも食す様です。

また、ハマグリを殻のまま焼いたり蒸したりする時には注意が必要です。ハマグリを加熱すると熱を加えた側の貝柱がはずれ、身が反対側の殻にくっついた状態で勢いよく口を開きます。この時、せっかくの旨味汁がこぼれてしまいます。これを避けるには、火にかける前に蝶番(ちょうつがい)の外側にある黒い突起(靱帯)を包丁で削り取っておきます。こうすれば口は開かず、蓋の役目も果たすため汁が蒸発するのも抑えることができます。調理のコツは、火を通し過ぎない事。すぐ硬くなってしましますよ?!

【栄養と効果・健康】
ハマグリは、貝類の中では低エネルギー食材です。鉄分、ビタミンB1・B2を豊富に含んでいるので、貧血気味の女性には嬉しい食材です。また、貝類の中では珍しくカルシウムを多く含み、マグネシウム、リンもバランスよく含むため、骨粗鬆症の方にも良い食材です。その他 亜鉛、カリウム、ナトリウムなどもバランスよく含んでいます。



予告

次号は、はまぐりのおさらいです。お楽しみに!!




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】わくわく!



マグロ君もびっくり!本物がそろってます。わくわく!

スポンサーサイト
【2008/03/05 12:00 】 | お魚パーツ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<蛤(はまぐり) | ホーム | はまぐり【雛祭・百人一首・蛤御門】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yoshikawasuisan.blog66.fc2.com/tb.php/305-3a044a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。