スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
鰆(さわら)




「へぇー」と思ったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking



こちらもクリックお願いします!
 人気ブログランキングへ



鰆(さわら)


【語源】
さわらの「さ」は「狭い」と言う意味で、わらは「腹」。体が細長く、腹が狭くみえた為この名になったとか。別名のサゴシは「狭い腰」からきたもの。


【旬】
「鰆(サワラ)」は魚辺に春と書くとおり、代表的な春の魚であるといえます。しかし、地域によって多少異なる部分もあり、関西地方・瀬戸内では5?6月の春が旬ですが、関東地方・駿河湾、西伊豆などでは12月以降の冬が旬です。特にこの時期のサワラは「寒サワラ」と呼びます。


【うんちく】
沿岸の表層(水面近く)に生息しています。但し、秋から冬にかけては外海のやや深いところに移動。イワシ類・サバ類などを主に食べます。産卵は春から初夏にかけて。又、内湾では春から秋にかけて、外海では秋から冬のかけて、定置網・流し網などで漁獲されます。近年、瀬戸内海では漁獲量が激減している為、種苗放流の研究が行われている他、漁獲制限もされています(寂しい話ですね・・・)。

特に関西地方では春の味覚として白味噌に漬け込んで焼く西京焼きが好まれます。50cmほどの若魚は「サゴチ」と呼ばれ比較的安値で流通しています。サワラの卵巣は、珍味「カラスミ」の代用品としても使われている様です。ちなみに、本物のカラスミは「ボラ」の卵巣。「瀬戸の海や 浪もろともにくろぐろと い群れてくだる春の鰆は」若山 牧水


【ブランド・産地】
ブランド化はされていません。漁獲量は長崎県がダントツ。ついで島根、福井と続きます。特に上品質と言われているのは4?5月。産卵のために瀬戸内海に入る鰆(サワラ)は絶品です。


【産地ならではの漁師料理】
漁師さんにサワラの美味しい食べ方をたずねたところ、「サワラは刺身にかぎる」と即答。マナガツオと並んで、漁村では「刺身の王様」と言っているとか。食べてみたところサバの仲間にしてはクセがなく、鯛や平目とは一味違う美味さ・・・。納得の味でした。焼酎かな・・・?


【栄養と効果・健康】
栄養素は鯵・鯖・鰯などの青背魚と似ていますが、特に脂肪が多く、高エネルギー。しかし、動脈硬化を予防するDHAの量も多いので食べすぎを気にする必要はありません。また、血圧を下げる働きをするカリウムを多く含むのも特徴。



予告

次号は、蛤(はまぐり)です。お楽しみに!!




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】わくわく!



マグロ君もびっくり!本物がそろってます。わくわく!

スポンサーサイト
【2008/02/28 12:00 】 | 春に美味しい魚 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<はまぐり【語源・旬・種類】 | ホーム | さわら【栄養・健康】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yoshikawasuisan.blog66.fc2.com/tb.php/301-d9ccb2c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。