スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
蛍烏賊(ほたるいか)

蛍烏賊


「へぇー」と思ったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking



こちらもクリックお願いします!
 人気ブログランキングへ



蛍烏賊(ほたるいか)


【語源】
マツイカ・コイカなどと呼ばれていましたが、明治時代、ホタルの生態研究で有名な渡瀬庄三郎博士(東京帝国大)が、この青白い光からホタルイカと命名しました。ボストンの世界動物学界へ報告し世界的に認められ、学名は博士の名をとって「ワタセニア・シンチルランス」と言います。「イカが水面にのんびりと浮かんでいると、空からカラスが死んでいるものとかん違いし、ついばみに来ました。イカはそのカラスを足でからめとり、水中に引きずり込んで食べた」と言われています。つまりイカは烏を賊害(ぞくがい)する事から「烏賊」という字があてられたんだとのことです。


【旬】
ホタルイカの旬は文句なく春です。一番の産地富山県新湊では、ホタルイカ漁を観光船で見に行く事ができます。まず、大網で海面近くまで引き上げ、そこからは、大き目のタモの様な物で船上に水揚します。この時、ホタルイカは危険を感じ、青白く発光し幻想的な世界をかもし出します。マグロ君がみた漁の中で、最も見ごたえのある、美しい漁だったとか。


【うんちく】
ホタルイカの寿命はメスが12?13ヶ月、オスはそれより1ヶ月短いと考えられています。オスはメスに精子を渡して死亡し、メスも産卵後間もなく死亡します。富山湾の場合、新湊から魚津までの沿岸域で産卵します。このため、沿岸の定置網で捕獲したホタルイカは、ほとんどがメスだそうです。ホタルイカは、蛍のように光るイカだから付けられた名前です。その発光する仕組みも陸上のホタルと同様で酵素の働きによるものです。体は小さいのですが、胴、頭、腕に何と1000個もの発光器を持っおり、特に腕の先端にある発光器は強力で強い光を出します。


【ブランド・産地】
ブランド化はされていないようです。主な産地は、富山県、兵庫県などです。しかし、富山県、特に新湊漁港で揚がるホタルイカは格別に美味いです。兵庫や山陰物よりも、ひとまわり大きい為、腸(わた)も大きいのです。ホタルイカは腸ごと食べる為、この腸の量が味の決め手になります。また、富山湾の滑川から魚津の沖合いは世界的にも有名な「ホタルイカ」の生息地で、その「群遊海面」は国の天然記念物に指定されています。


【産地ならではの漁師料理】
漁師さんのお勧めは、生の踊り食いです。鮮度の良いものは最高。しかし、腸の部分にアニサキスと言う寄生虫がいることがある為、それなりの覚悟が必要です。このアニサキスは加熱することによって死滅するため、流通しているのはボイルしているものがほとんど。酢味噌和えや甘露煮、天ぷら、しゃぶしゃぶ、塩辛なんかも良いですね。カラッと干した干物も美味です。お酒が止まりません!


【栄養と効果・健康】
ホタルイカは内臓ごと食べる為、他のイカとは栄養価が大きく違います。腸(わた)には豚のレバーには及びませんが、牛のレバーよりも多いビタミンAを含んでいます。ビタミンAは油と一緒に摂取すると効率的に吸収されるため、天ぷらがお勧めです。また、ビタミンEも豊富。老化の進行を抑える作用があります。内臓ごと食べる為、コレステロールが多いですが、それ以上にタウリンが豊富なため、逆に血液中のコレステロールを下げると言もわれています。



予告

次号は、鰆です。お楽しみに!!




プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】わくわく!



マグロ君もびっくり!本物がそろってます。わくわく!

スポンサーサイト
【2008/02/21 12:00 】 | 春に美味しい魚 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<さわら【語源・旬】 | ホーム | ほたるいか【栄養・健康】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yoshikawasuisan.blog66.fc2.com/tb.php/296-0180a672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。