スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
きんき

きんき


「へぇー」と思ったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking



こちらもクリックお願いします!
 人気ブログランキングへ



きんき・吉次・喜知次


【語源】
体色が吉兆とされる朱赤色で吉次(キチジ)と名付けられました。一般的に「キンキ」の名で親しまれ、東北ではでは「キンキン」、北海道では「メンメ」・「メイメイセン」などとも呼ばれています。


【旬】
旬は、晩秋から冬。


【うんちく】
日本海では獲れず、東北沖から北海道沖にかけて多く分布しています。水深150?1200mの海底に生息し、おきあみ類・海老・魚類を食べます。産卵期は冬から初夏にかけて。漁獲方法は底引き網や延縄(はえなわ)、刺網など・・。キンキは美味しさは当然ですが、その風貌によっても高値がつけられます。鮮やかな赤の体色は、鮮魚売場などに華やかさと彩り、鮮度感をもたらします。このため、食べる事以上に「飾り物」として重要な要素持つお魚です。この為、刺網漁などのウロコがはがれ易い漁法のものより、延縄などの方が高値がつくようです。

昭和の中ごろまでは肥料にされたり、仙台名産の「笹かまぼこ」の原料になったり・・、下級魚として扱われてきましたが、今や「赤い宝石」と呼ばれるほどの超高級魚。キンキを原料にした笹かまぼこ・・、食べてみたいですね。また、東北地方の太平洋側では鯛に代わる祝い魚として古くから珍重され、正月にはキンキを神棚に供える風習があったとか・・。「喜知次煮て 焼きて我が家の お正月 ・・・博風」。


【ブランド・産地】
やっぱり北海道でしょう。その中でも「羅臼のめんめ」は最高級。特に釣物はブランド化されつつあるといっても過言ではありません。「羅臼のきんき」は漁師さんの扱いがすばらしく、赤が非常に鮮やか・・。流氷が押し寄せる1月初旬前までが、漁の勝負。


【産地ならではの漁師料理】
とにかく美味しい魚ですが、産地の方の食べ方は「チャンチャン焼き」です。そう、あの秋鮭でやるのと同じです。たっぷりのキャベツときんき。キャベツの甘みときんきの旨み、そして味噌の香ばしさが最高です。

もう一品は、漁師さんの船上料理「湯煮」です。お湯を沸かし塩を二つまみくらい入れます。そして、ウロコをとったメンメ(きんき)を内臓ごとかるくこの湯にくぐらすだけ豪快・簡単で素材の旨みを最大限に引き出す料理方法です。鮮度が良いからこそできる料理方法ですね。かるく焼いてから、湯にくぐらすのもいけるとか・・。また、鮮度良いものは刺身でも美味しいですよ。


【栄養と効果・健康】
たんぱく質よりも脂肪分の方が多い珍しい魚。鉄分と協力して貧血を防いだり、皮膚や髪の健康を保つ銅を多く含んでいます。脂肪分が多いのでDHA・EPAも豊富。秋刀魚やサバなどの青魚と同等。また、生活習慣病を予防するビタミンEも豊富です。味・姿・健康と三拍子そろった魚です。



予告
次号は、河豚です。お楽しみに!!



プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】わくわく!



マグロ君もびっくり!本物がそろってます。わくわく!

スポンサーサイト
【2008/02/05 12:00 】 | 冬に美味しい魚 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<とら河豚【語源・旬・種類】 | ホーム | きんき【ブランド・産地・栄養・健康】>>
コメント
美味しそう♪

これからも楽しませて頂きます。

ブログ応援しています♪ポチっ!
【2008/02/10 20:58】 | URL | ぴかり #swsPaYyc[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yoshikawasuisan.blog66.fc2.com/tb.php/285-3327ed6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。