スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
蜆(しじみ)

しじみ祭


「へぇー」と思ったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking



こちらもクリックお願いします!
 人気ブログランキングへ



蜆(しじみ)


【語源】
シジミの語源は殻の表面にある縮んだような模様から「ちぢみ」が転じたと言われています。

【旬】
最も流通している「ヤマトシジミ」の旬は夏ですが、寒しじみと呼ばれているのは「マシジミ」で、この旬は冬です。

【うんちく】
日本産のしじみは河口の泥地にすむ「ヤマトシジミ」、淡水にすむ「マシジミ」、琵琶湖特産の「セタシジミ」の3種類に大別できます。この中で最も多く流通しているのが「ヤマトシジミ」。市場には通年出まわりますが、「ヤマトシジミ」の旬は夏です。また「土用しじみ」と呼ばれるのはこの種のしじみです。一方、「マシジミ」は冬が旬で、「寒シジミ」と言われるのはこの種のしじみです。「セタシジミ」は琵琶湖特産とされていますが、諏訪湖・河口湖などに移入されています。特に関西で好まれ、旬は春。

しじみは昔から、黄疸(おうだん)の特効薬とされてきました。「しじみ売り 黄色なつらへ 高く売り」という川柳も残されている。しじみが肝臓に良いと言うのは今現在も変らず、科学的根拠も認められています。必須アミノ酸・タウリン・ビタミンB12が豊富で、これらが肝機能の働きを高めます。たんぱく質を構成するアミノ酸はほぼ体内で合成されますが、8種類だけは体内で作れないため、食べ物から摂取しなければならないのです。この8種類が必須アミノ酸と呼ばれています。とにかく、体によく肝臓に良い食材なのです。

【ブランド・産地】
有名な産地は青森県「十三湖のシジミ」と島根県「宍道湖のシジミ」。これら2種は、ヤマトシジミ。しかし、最も美味しいとされているのは滋賀県琵琶湖から流れる瀬田川で獲れる「セタシジミ」。希少性が強く、なかなかお目にかかれない一品です。

【産地ならではの漁師料理】
何といっても味噌汁でしょう。産地の方に味噌汁を作るコツを聞いてきました。「まず、塩で味付けし、少量の味噌で仕上げるんだよ。味噌を多く使うとしじみの風味がこわれるんだよ」とか・・。また、しじみの「砂だし」は決して真水で行わず、薄い塩水で行う事。真水でおこなった場合、浸透圧の関係で、旨味が抜けてしまうのだそうです。また、活きたしじみを殻のまま醤油漬けにすると、格好の酒の肴になるとか・・。しじみをつまみに酒を呑む・・、肝臓ばっちりですね!!

【栄養と効果・健康】
まず、言いたいのは「シジミは汁だけでなく身も食べよう」と言う事です。身も食べて初めて大きな効果が期待できます。特に多いのがビタミンB12。血液中のヘモグロビンの合成を助けます。鉄分も多く「貧血気味だが、レバーは・・」という人には、是非、お勧めしたい商材です。タウリン・カルシウムなども豊富に含んでいる万能食材です。



予告
次号は、きんきです。お楽しみに!!



プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】わくわく!



マグロ君もびっくり!本物がそろってます。わくわく!

スポンサーサイト
【2008/01/29 12:00 】 | 冬に美味しい魚 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<きんき【語源・旬】 | ホーム | しじみ【栄養・健康】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yoshikawasuisan.blog66.fc2.com/tb.php/280-025e5e78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。