スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
車海老(くるまえび)

車海老


「へぇー」と思ったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking



こちらもクリックお願いします!
 人気ブログランキングへ



車海老(くるまえび)


【語源】
車海老の語源は、煮ると色は紅色に変わり、形が車輪のように曲がるからという説と丸まった時に縞模様が丁度車輪のように見えるからという説があります。クルマエビは大きさによって呼び方がかわります。10cm以下(20g以下)のものを細巻(サイマキ)と呼び、15cm(20?40g位)ほどのものを中巻(チュウマキ)、又は、巻海老(マキエビ)。それ以上のものをクルマエビ、さらに大きいものを大車(おおぐるま)と呼びます。

【旬】
産卵期が春?秋と長く、養殖も盛んな為、旬の限定が難しい魚介です。地域・人によっては春から夏が旬と言う人もいれば、秋から冬が旬と言う人もいるようです。流通量は夏と冬が多く・・なんとも限定が難しいです。しかし、食べて美味しいのは晩秋から冬。ここでは、この時期を旬としましょう。

【うんちく】
クルマエビは夜行性です。昼間は海底の砂に浅く潜ってじっとしていますが、夜になるとエサを求めて動き出します。雑食性で藻類やゴカイ、貝などの小動物を捕食します。産卵は沖合で行われますが、クルマエビはアマエビなどのように卵を腹に抱えるのではなく、海中に産み放ちます。その数は70?80万。受精卵は約半日で孵化し浮遊生活を送ります。この間に十数回も脱皮を繰り返します。稚エビは潮に乗って河口・汽水域へ移動して海底生活に入りそこで成長します。成長するにつれて生活圏を湾岸から沖合、外海へと移していきます。寿命は2?3年。牡の方が成長速度が遅く、20cmを超えるクルマエビのほとんどは雌です。

【ブランド・産地】
ブランド化はされていないようです。小型底曳網、刺網、手繰り網、打瀬網など、伊勢湾・瀬戸内海・有明海などが主な産地です。養殖も盛んで、沖縄、熊本などで行われています。天然物と養殖物の比率は半々位・・。現在 瀬戸内海などで年間5億尾ほど放流されています。車海老は夜行性であるため、月夜の晩は活動しません。この為、身が痩せるので、月夜が続いた後で獲れたエビは旨くないと言われています。

【産地ならではの漁師料理】
車海老と言えば・・、寿司、天ぷらを思い返すのではないでしょうか?そのまま食べる踊り食いも最高に美味しいですよね。漁師さんの特権として、鮮度の良い物を踊り食いで食べる事をすすめられると思いきや・・、「車海老を生で食べるのは邪道、本当に美味いのは、塩茹でして食べる。この海老は熱を加えたほうが甘みも香りも増すんじゃ。」と言われました。そう言えば、寿司は茹でたの使いますよね。

【栄養と効果・健康】
イカ・タコ類と同様、コレステロールが多く、たくさん食べる事は良くないとされていた食材ですが、これは間違いです。コレステロール以上にタウリンが豊富な為、むしろ食べたほうが、血中のコレステロールを下げるのです。車海老は低カロリー高タンパクの健康食品・ダイエット食品です。必須アミノ酸のタウリンを多く含みます。これは血圧を正常にし、心肺機能の強化、貧血予防、悪玉コレステロールの減少や肝臓強化を促進します。胆石や動脈硬化予防、疲労回復や視力の向上など多くの効能を持つ事でも知られています。




予告
次号は、しじみです。お楽しみに!!



プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】わくわく!



マグロ君もびっくり!本物がそろってます。わくわく!

スポンサーサイト
【2008/01/22 12:00 】 | 冬に美味しい魚 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<しじみ【語源・旬・産地】 | ホーム | 車海老【栄養・健康】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yoshikawasuisan.blog66.fc2.com/tb.php/275-1af9ef55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。