スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
甘鯛【うんちく】

甘鯛の骨蒸し


「へぇー」と思ったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking



こちらもクリックお願いします!
 人気ブログランキングへ



甘鯛(あまだい)


【うんちく】
アマダイは、アカアマダイ・キアマダイ・シロアマダイの3種類があり、見た目の色からきています。最も漁獲量が多く、流通しているのがアカアマダイ。普通、アマダイと言えばアカアマダイと思ってよいです。しかし、最も美味しいとされているのはシロアマダイで「シロカワ」とも呼ばれています。次に美味いのがアカアマダイで、キアマダイはかなり水っぽく味が落ちます。


甘鯛は水分が多いため傷みが早い魚です。鮮度の見分け方は「赤」は腹が白いこと、「白」は体表に輝きがあること、「黄」は尾びれの黄色がはっきりしていること。いずれも1kg前後のものが美味いといわれています。


「駿河湾沿岸で獲れるアマダイのウロコは富士山の形をしている」と言い伝えられ、縁起物として、もてはやされました。しかし、一般的に何処で獲れてもウロコは山の形をしてます。ちなみに、徳川家康が天ぷらの食べすぎで死んだという話は有名ですが、アマダイの天ぷらだったと言うのが最も有力。イワシであったとか、真鯛であったとか言う人もいるようです。


また、アカアマダイは、静岡県では「おきつだい」とも呼ばれています。これは、家康が静岡に滞在中、興津局(おきつのつぼね)と言う女性が献上したアマダイの生干しの美味さに感動し、この名が付いたとか・・。いずれにしても、徳川家康とかかわりの深い魚のようです。



予告
次号は、甘鯛の【漁師料理】です。お楽しみに!!



プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】わくわく!



マグロ君もびっくり!本物がそろってます。わくわく!

スポンサーサイト
【2008/01/09 12:00 】 | お魚パーツ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<甘鯛【漁師料理】 | ホーム | 甘鯛【語源・旬】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yoshikawasuisan.blog66.fc2.com/tb.php/267-10a91f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。