スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
金目鯛(きんめだい)

金目鯛


「へぇー」と思ったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking



こちらもクリックお願いします!
 人気ブログランキングへ



金目鯛(きんめだい)


【語源】読んで字のごとく、金色の大きな目を持つことからきています。鯛と名がつきますが、鯛の仲間ではありません。体色が鮮やかな赤色であることから、鯛の代わりにお祝い事に使われたので、この名がつきました。


【旬】旬は冬です。しかし、6月ごろも大変美味しい魚です。


【うんちく】産卵期は夏から秋にかけて。孵化した稚魚は一年で15cm、二年で24cm、三年で40cmほどの成長し、4年で産卵活動を行います。若魚は沿岸100?250m付近に生息し、成長とともに深いところに移動します。成魚は水深800m近くの海底に住みます。


深海で少ない光を有効に使う為、眼の網膜に反射鏡を持っています。これが光にあたると鮮やかな金色に輝くのです。肉食性で夜間に海底から浮上し、魚類、イカ類、甲殻類などを食べます。14年?16年位生きるといわれる長寿魚です。


【ブランド・産地】ブランド化はされていません。主な産地は関東と伊豆諸島。ブランド化とまではいきませんが、強いてあげるならば、東伊豆稲取港の「地金目(ぢきんめ)」。


【産地ならではの漁師料理】金目鯛は身は柔らかいですが脂ののりがよく、美味な白身のお魚。代表的な食べ方は煮付けですが、鮮度の良いものは刺身も最高。産地の方いわく「魚系の鍋に金目は欠かせない。なぜならこの魚を一切れ入れるだけで、鍋の味が変わるんだよ。魔法の様な魚さ・・」と。食べて納得、確かにいいダシが出ます。


もう一品は、刺身の後の皮。鱗(うろこ)を取り除いた皮に塩をかるくまぶしておき、食べやすい大きさにキザミ、ナス・ごぼう・ピーマンなどと油で炒めます。三つ葉と青ネギをふりかけ出来上がり。ビールにあいそうですね!


【栄養と効果・健康】たんぱく質と脂質が豊富。エネルギーも多く、育ち盛りの子供にはぴったり。ミネラルでは、カリウム・マグネシウム・リン・カルシウム・鉄が豊富。ビタミンもA・D・Eを含み、非常にバランスの良い食材です。



予告
次号は、甘鯛です。お楽しみに!!



プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】わくわく!



マグロ君もびっくり!本物がそろってます。わくわく!

スポンサーサイト
【2008/01/07 12:00 】 | 冬に美味しい魚 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<甘鯛【語源・旬】 | ホーム | 金目鯛【栄養・健康】>>
コメント
金目鯛、おいしいなあ。
妊娠中、あんまり食べない方が良いと言われ授乳が終わった今、再び食べようかなあと思ってます。妊婦さんはあんまりよくないそうでした。。。
【2008/01/09 12:58】 | URL | さと #o.trGIrQ[ 編集] | page top↑
こんばんはぁ♪
久しぶりにランキング見てたらマグロ君発見!
ってことでやってきましたぁ。(●^o^●)

キンメ、おいしいよねぇ。
煮付けとかみぞれ鍋とか大好きです。
私は40センチ弱の大きさしか釣ったことないけど、普通のより深いところにいるのは脂もすごいよね。
ああ~、食べたくなってきた。(笑)
【2008/01/09 23:50】 | URL | satomin #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yoshikawasuisan.blog66.fc2.com/tb.php/265-4f73118b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。