スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ぶり【うんちく】

ぶりのお刺身


「へぇー」と思ったらクリックお願いします。
FC2 Blog Ranking



こちらもクリックお願いします!
 人気ブログランキングへ



鰤(ぶり)

本日(12/20)は、鰤の日です。
美味しい鰤はこちらでご購入いただけます。



【うんちく】
ブリは回遊魚です。沿岸から沖合いの中・底層を群で回遊し、魚類・イカ類を食べます。日本列島に沿って初夏に北上し、秋から冬にかけて南下するという季節回遊を行います。

産卵は南日本以南の海域で1?6月頃に行われます。孵化した稚魚は「ホンダワラ」などの流れ藻について移動します。この為、この稚魚は「モジャコ」と呼ばれます。モジャコは養殖用の種苗として捕獲されています。


【出世魚】
ブリは成長段階によって呼び名が変わります。これを江戸時代、出世魚と称し、祝いの席などで重宝されました。

関東では20cm前後を「ワカシ」、30cm位のを「イナダ」、50cm以上を「ワラサ」、100cm又はそれ以上のものを「ブリ」と呼びます。

関西ではこれが「ツバス」「ハマチ」「メジロ」「ブリ」となります。ちなみに関東で「ハマチ」と言えば、養殖の別の魚を指す事もあり、非常にややこしいのです。

北陸や東北、北海道では10cm前後を「ツバイソ」、20cmまでを「コヅクラ」、40cmまでを「フクラギ」、80cmまでを「ガンド」、それ以上を「ブリ」と呼びます。


【文化】
鰤(ぶり)は鮭と同様、日本の文化に深く根ざしています。新潟県の糸魚川と静岡県の天竜川を線で結び、北側は「鮭」の文化、南側は「鰤」の文化であると言われています。お正月は、北では鮭料理、南では鰤料理でむかえます。

富山県・石川県では、年の暮れになると、嫁ぎ先にブリを贈る習慣があります。博多では、塩漬けにした「塩ぶり」を贈る習慣があり、これを具に雑煮を食べます。長野県松本市では、飛騨鰤(ひだぶり)料理で正月をむかえます。飛騨鰤とは、むかし、富山湾で獲れたブリを塩漬けにして、飛騨高山を経由して運んだ事からこの名がついたとか。



予告
次号は、ぶりの【ブランド・産地】です。お楽しみに!!



プロが選んだ・・・・魚の【のれん街】わくわく!



マグロ君もびっくり!本物がそろってます。わくわく!

スポンサーサイト
【2007/12/20 12:00 】 | お魚パーツ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<ぶり【ブランド・産地】 | ホーム | ぶり【語源・旬】>>
コメント
おはようです。昨日は鰤の日と言うことで、柵を買ってきてお刺身をいただきました。美味しかったわ。脂が適当にのってて良かったです。お醤油に脂がついてて、ほんとうにこれは脂がのってたなっていいながら食べました。
【2007/12/21 11:14】 | URL | さと #o.trGIrQ[ 編集] | page top↑
携帯からコメントをいれています。応援ぽちしたら変なところへ行きました。このコメントはいくかいな
【2007/12/22 21:07】 | URL | はなもよう #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yoshikawasuisan.blog66.fc2.com/tb.php/256-6d9a29c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。